匠塗装ブログ

この世で1番の奇跡

今年の9月16日、第2回 職人ドリプラ&第1回 リフォーム甲子園を神戸文化ホールで行います。

その為の事前説明会を来週26日に行います。

 昨年行った第1回の職人ドリプラはやはり、友人・知人等を中心にそこからの友人知人と人脈を広げた集客を中心に行いました。
しかし、本当に社会に広げる為には、やはり、本当にその想いや活動を共感してくれる可能性の1番ある同業者や職人のいる全く知らない企業に広めたいと思い、年末からリフォーム業・工務店・建設会社等に、飛びこみ営業しています。

先日、友人の家に遊びに行った時、本棚をふと見ると、世界のベストセラー作家 オグマンディーノの【12番目の天使】 がありました。
何年前に発売された本かは正確には覚えていませんが、この本が発刊された時に、大親友である沢山の企業の社長から、【やっぱ、オグマンディーノは凄い!! 絶対読めよ!!】 と言われ続けていました。

絶対読もう!! と思いながらも、いつの間にか記憶から遠ざかり、年に何度かはその事を思い出し、本屋に探しに行くのですが、見つからないし、ネット等で取り寄せる努力もしませんでした。
今は縁が無いんだろう・・・・位の軽い気持ちでいました。

友人家の本棚で見つけ、【これ貸して!!】 と言って借りました。
勿論、想像通り素晴らしい本でした。
後半の最後のたった1行で、大号泣しました。

その1行を今、思い出すだけで泣けます。
・・・・・・・読んだ人なら、どの部分かは分ると思います。

読み終えた翌日、ある会社に社長と会うため向かうと、到着ギリギリに社長から電話があり、緊急のトラブルが発生し、2時間約束を送らせて欲しいと電話がありました。

結構 遠方だったので、一旦帰るのも中途半端だなぁ・・・・・・・と、その会社の周辺をみると、真向かいにブックオフがありました。
勿論、そのブックオフにあったオグマンディーノの本を5冊全て買い占めました。

その中の最もページ数の少ない読みやすそうな本から読む事にしました。

【 この世で1番の奇跡 】 オグマンディーノ

     ↓



2ページ読んで・・・・・・・・・ ん??? 次のページで・・・・・・・・・・んんん???

5ページ位 読んで確信しました。
7・8年以上前になりますが、読んだ事がありました。
今になって、やっと思い出しましたが 母校 タヤマ学校の研修の中で読まされた本です。

しかし、これを改めて読んで、37年間 自分が生きて来た答えを教えて貰った程の感動を味わいました。
7・8年前には、全く感じなかった事です。
やはり、同じ本であっても、その時の自分の心境や環境によって、受け取り方が大きく変わるものです。

様々な会社に飛び込んで職人ドリプラ・リフォーム甲子園を宣伝すると、様々な言葉が返って来ます。
勿論、1件たりともNOはありません。

【 素晴らしい活動ですね。 これからの職人社会に絶対必要ですね。 現場の人間の励みになりますね!! 】・・・・・・・そして、必ず最後に 【頑張って下さいね!!】 と、言って頂けます。

しかし、10件に1件位の割合で同じ質問を受けるのです。

【 主旨は良く理解出来ました。 素晴らしいと思います。 でも分らないのは、これが森田さんのメリットにどうつながるんですか? これが どうお金に変わるんですか? 】

・・・・・・・・・・『 いえいえ!! 全くお金儲けとは関係ありません。 』

【 じゃあ、何のメリットがあるんです? どんな思惑があるんです?】

・・・・・・・・・・『 いやいや!! おもわくなんてないですよ。』

【 でも、こうやって1日 何軒も飛びこみしてるんでしょ? そんな大変な事、何かメリットが無いとできないでしょ? 】

・・・・・・・・・『 このイベントを通して職人社会が元気になればetc・・・・・・・・』

【 だから、職人社会が元気になる事が森田さんの何のメリットになるんです? 自己満足ですか?】

どんな質問にも返すのですが、その手の質問は結局 最後の最後まで相手の社長は ふに落ちない感じになるのです。

しかし、実は1番 ふに落ちていないのは自分自身だと言う事が私は分っていて、いつもその質問にはモヤモヤを感じるのです。
勿論、自分が言ってる事には1つの嘘偽りなく、本気の想いを伝えているのです。

しかし、本気の感情の裏側では理論理屈で何とか相手を納得させよう。 説得しよう。 相手が望む損得勘定の答えになるよう、無理矢理 話をつなげている自分自身に気づいているのです。

年末から感じていたモヤモヤでしたが、【 この世で1番の奇跡 】を読んで、やっと何もかもが自分自身の中で繋がり、腑に落ちました。
やはり自分自身を駆り立てる行動の原理は損得勘定では無かったんだ。
それを無理やり損得勘定の答えになるよう持って行こうとしていたから、無理があったんだと言う事を確信しました。

失意のどん底にいた4年前、まさに私は生きる為、家族を守る為だけに 夢も希望も目標もないまま、ただただ業務をこなす、生きた屍でした。
その死人のような私を甦らせるきっかけをくれたのが、兄貴分の修さんであり、消えてしまった志や魂を引き出してくれたのが、三木さん・木下さん・岡本社長・柳原社長・沼っち・松っちゃん等、多くの仲間であり、師匠の福島先生でした。

生き返った自分の使命は、頂戴した恩を次に送る 恩送りです。

何となく日当が欲しくて職人になり、ぞのままズルズル何となく職人を続けている人が非常に多く、改めて自分が、何故 今の仕事をしているのか? 自分が本当に追求し続ける目標が何なのか?
20年後、30年後、自分が何を目指すのか? 自分自身が生まれて来た理由。
そして、自分自身の使命に気づいていない人が、本当に多くいる様に感じます。

そういう人達をどうにかしてやろう等と生意気な事は言えませんが、子供の頃から職人社会で生きて来た私は、子供の頃から本当にカッコイイ沢山の親方を見て来ましたし、そういう親方から大人になることへの希望や勇気を沢山頂きました。

心の底からカッコイイ。 こんなカッコイイ親方になりたい!! と、私は親方の背中を追い続けて来ました。

日本中の職人が、職人社会で生きている限り、やはりそう言う職人になって欲しい。 と、切に私は願います。
そんな男の中の男の社会で私は生きたい!! と 本気で思います。
周囲にどう思われようが、自分自身が我が子や後輩達に胸を張れる社会で生きたいと願います。

もしあるとするなら、それが私自身のメリットなのでしょう!!

是非、読んでみて下さい。 

凄い御縁・・・

 ここ数十日、毎日の様にある企業の社長と毎日、メールのやりとりをしていました。

新規事業(土木事業)に取り組むお誘いを受けていました。

間違いなく素晴らしい事業ですし、将来性のある事業ではありますが、採算を取るのはかなり難しく、それを引き受ける職人を探し出すのはかなり困難です。
もう少し、どうにかならないものかと、毎日のように意見をしていましたが、中々打開策が見いだせませんでした。

やらない!!とも、やるとも決断出来ないまま、メールのやりとりをしていました。

18日、ある友人にその事を相談・・・・と言うより、独り言を聞いて貰ってました。

自分の頭の中でモヤモヤしてた事を言葉に出した事によって、かなり整理が出来た私は、その時にとにかくまずはやってみよう!!と、決意し、その日の夜、社長にメールで決意表明しました。

動きもせず、ゴチャゴチャ言ってても前に進まないので、とにかくやってみます!!

その為には、まずは施工職人を見つけて、その企業に修行に行かせなければいけません。
非常に安い日当で、しかも、修行の期間は無期限です。
勿論、その場所は関西ではありません。

決意表明した翌日、散発してもらいながら美容師に、【友達やお客さんで、仕事探してる若い子おらんか?】 と、聞きました。

何故ですか? と聞かれたので、実はな・・・・と、事業の簡単な概略を話し、【だから、職人のなり手を探してるんや・・・・・どっかにおらんか? 】 と聞くと、

隣にいらっしゃった、美しいおネェさんが突然、【おる!! おる おる!! おるで!!】 と突然私と美容師の会話に入って来ました。

少し驚きながらも、【 マジですか? 】 と私が言うと 【うん!! マジ!! 勿論、本人に聞いてみな分らんけど・・・・】

そしてその後のやり取りで、翌日のお昼にその子と会う事になりました。
心配だから・・・と、その美しいおネェさんも同伴してくれると言う事です。

履歴書を貰い、色々な会話をした後、事業概略を説明し、そして最も言いにくい給与と、その後を話しました。

【言いにくいんだけど、修行中 日当はずっと これだけしか払えません。】
【しかも、修行はずっと県外のある場所に行って貰わなきゃいけません。】
【正直言って、いつ帰って来られるかは約束出来ません。 3か月になるか、半年になるか1年になるか・・・・本人の成長 次第と言う所です。】

と、言いにくい事も全て正直に話しました。 全ての説明を聞き終えた彼は言いました。

【もし、僕を信用して頂けるんであれば、今住んでるマンションを引き払って腰を据えて修行します。 森田社長に認めて貰える男になるまで、帰って来ません。】

【 エッ?? ホントにこの給与で良いの? いつ帰ってこれるか分らないよ? 行ってくれるの? 】

【以前 務めていた所はとても良い給与と待遇でした。 でも、工場内でロボットの様に働く事に、私はやりがいや生きがいを感じれませんでした。】

【どれだけ安月給でも構わない。 本当に人に喜んで貰えるやりがいのある仕事がしたいとずっと、思っていました。 被災地に行って、被災者の人の為になる事をする為、引っ越そうか?とも考えていました。 今、社長からお聞きした仕事は、まさに私がずっと望んでいた仕事です。 ぜひ、僕にやらせて下さい。 僕を信じて貰えませんか?】

隣の女性はボロボロ泣いていました。

【この子に色々、仕事を紹介して来たけど、1度も興味を示さなかった・・・・高給や、大企業、色々あったのに、全く興味を示さなかったこの子が、こんな事を言うなんて!!】 と、まるで母親の様に美しい涙を流していました。

今の20代の無職の子に、こんな志を持った素晴らしい子がいるなんて、本当に感動です。

やろうと決意してわずか2日の事です。

あのタイミングで美容室に行かなければ決してあり得ない出会いです。

迷う位ならやめておけ!!と言う考え方もありますし、迷ってもとにかくやってみろ!!と言う考え方もあります。

どちらも時と場面によって、使い分ける必要があると思いますが、結果を出す為には、行動する事、そして行動を起こす為には、まずやる!!と決める事。

決めなきゃ結果はあり得ないと言う事ですね。

大感動の面接でした!!

ダイエット・・・

 今年の4月小学校に入学する次女、紋乃(あやの)は ここ最近、一心不乱にダイエット・ヨガの本を宝物の様に持ち歩き、 『 痛い!! 痛い!! 』 と、もだえながらヨガを続けています。

夕食後から寝るまでの間、ずっとやり続けています。

私がテレビを観ようがパソコンいじろうが、ずっと独り言をブツブツつぶやきながら、私には目もくれず本格的に小さな体を必死にくねらせてます。

何でそんな事してんの? と、数日前から聞いてましたが その質問にはずっと無視されてましたし、私も何とも感じていませんでした。

しかし、あまりに長期間 毎日続いているのと、あまりにも本格的な様子に今日、初めて本気で興味が出ました。

行動には必ず何らかの原因があるものです。

幼稚園児の子供をその行為に駆り立てるモチベーションが何なのか?

何でそんな事してんのか、ほんまに知りたいから教えて!!
それやって、どうなりたいの?

私の真剣な問いに気づいた娘は仕方なさそうに言いました。

『 賢くなりたいの!! 』

そうなん? それしてたら賢くなるの?

『 うん!! 』

へぇ〜・・・・そうなん・・・・と、納得しそうになりましたが、そんな訳ありません。

それ以外の、もっと大きな理由があるやろ・・・・それを教えて!!
パパ、ほんまの事が知りたいねん。

ますます顔を曇らせ、溜息をつきながら数秒考えた後、悲しそうな顔をして言いました。

『 お姉ちゃんが紋乃の事、デブ・デブっていうねん・・・・』
『 ずっと言われてたら、紋乃も自分でそうかなぁ・・・って思ってきてん。』
『 だから、ダイエットすんねん!! それに体動かしたら頭も良くなるねんで!!』
『 だからパパ、邪魔せんとってな!! 』 と、笑顔で答え、また髪の毛振り乱して一心不乱にヨガをやり続けていました。

子供が成長しているという点では嬉しい事なんですが、何とも複雑な心境でした。

少し前までは、大好きなおかずが出て来ると、皆がよそ見をしている間に自分のお皿に全部取って、お姉ちゃんから 『取りすぎや!!』 と怒られると、『 だって紋乃は子豚やねんからしゃーないやん。 ブヒブヒ!!』 と言いながら、厭味ったらしい顔でごはんを食べていた事を懐かしく思います。

本当の思春期が少し、恐ろしくなりますね。
 

プロの責任

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!!

本年も宜しくお願い致します。

年明け一発目の大事なブログではありますが、憤りの独り言をさせて頂きます。

もう一昨年の事になりますが、私はドリームプラン・プレゼンテーション世界大会に出場しました。
すさまじい数のエントリーから本選出場の20名に選ばれ、初めて集合かけられたのが7月の群馬県でした。 自分のパートナーや支援者は仕事の都合で誰も参加出来ず、不安一杯で群馬県まで行きました。

キラキラした凄い人達が100名以上いる中、なかなか馴染めなかった私に、1番最初に満面の笑顔で話しかけてくれたのが北海道の同期、ヤスさんと、その奥さん明美さんでした。
休憩ごとに喫煙室に向かう数少ない喫煙室でも、ヤスさんと明美さんがいたおかげで、ドリプラ仲間を本当の家族のように感じる事が出来ました。

ヤスさんは良い意味で、強烈なKYです。

年長者ですが、自分の良い所も悪い所も、何もかも正直に自己開示しながら、仲間20人を引っ張って行ってくれた同期であり、大先輩でもある大好きな仲間です。

簡単にヤスさんの夢を説明すると、北海道で食べたジンギスカンの味に感動し、お店の店長さんから信じられない衝撃の事実を知るのです。
それは、日本のジンギスカン店の99%が、輸入肉を使用していると言う事だったのです。

勿論、鮮度や味を考えれば、国産の羊を使った方が良いに決まっているのに、国産の羊肉を安定して入荷するのが現実的には不可能だと言う事と、採算が合わないというのが理由です。 それをを知ったヤスさんは、本当に美味いジンギスカン店を開店しようと、その瞬間決意し、その方法論として、何故か莫大な費用をかけて北海道で、羊牧場をスタートしたのです。 
ビックリする位の遠回りです!!

その経営は過酷を極め、採算が合わず苦戦し続けながらも 【絶対に日本1美味いジンギスカン店を創るんだ!!】 と自分と家族を言い聞かせ、何年間も夢を見続けてきました。

そしてドリプラに出場し、自分の夢と、苦戦し続けてきた経営状況を私達に包み隠さず正直に何度も何度も語ってくれました。 こんなに苦しみながらも常に前を向き続ける忍耐力と、本気さに私達仲間はどれほどの勇気を貰ったかは、はかり知れません。

ドリプラに出場した事で、その本気さは益々磨きがかかり、ジンギスカン店を開店させる為、上場企業や資産家等に毎日 毎日訪問し続け、支援を募り続けていました。
案内状やダイレクトメールは6万通を超えるといいます。
経営状況が非常に厳しい中、全財産を掛けてチャレンジし続けて来た人です。

ドリプラから丸1年経過し、ヤスさんは1年以上本気で動き続けたおかげで、数十人からの支援を得る事が出来、とうとう北海道の札幌ど真ん中に、国産羊100%のジンギスカン店 『いただきます』を昨日、1月5日にオープンする運びとなったのです!!

日本全国4000人以上の人に開店案内のニュースレターを送りました。
苦労の人 ヤスさんの苦労が報われる日を、私達仲間は今か今かとワクワクしながら見守っていました。 勿論、ドリプラ同期の同窓会も行います。

数日前、ヤスさんから電話がありました。

何と、工事発注業者にお金を持ち逃げされ、開店予定日に開店出来ない。
『 申し訳無い・・・・・・』 と言う電話でした。

正確には持ち逃げでは無く、元請け業者が着手金としてして500万以上のお金を集金しながら、下請け子会社の職人達に1円も支払わず、自分の支払いに全額使い切ってしまい、約束の日になってもお金を貰えない下請け会社が仕事をせず、頭を飛びこえ、ヤスさんの所に集金に来たと言うのです。

苦労し続け、ようやくかき集めた資金のほとんどをアッと言う間にかっさらわれたのです。

工事自体はオープン予定日の昨日の時点で、骨組みが半分出来たくらいのものだと言います。
正直に言いますが、建築業界では良くあることです。
私が大阪から神戸に移り住んだ23歳の頃、会社を立ち上げて最も苦労したのがその問題です。
阪神大震災で、自宅を失ったり崩壊寸前になった人達が、お金の無い中、生きて行く為に改築や新築を業者に依頼し、多くの人達が血と涙の結晶で出来たお金を、集金だけされて工事自体は全く着工せず、だまし取られると言う被害が阪神間で続出したらしいのです。

だから私が神戸に来た時、もちろん全ての人がそうではありませんでしたが、一般ユーザーの警戒心の強さと猜疑心の強さに驚きました。
どうすれば そんな火事場泥棒の様な事が出来るんだろう? どんな精神状態になれば、人の気持ちを踏みにじるような、極悪非道な事が出来るんだろう? と理解に苦しみました。

しかし、今現在でも建築業界では日常茶飯事に同じような事が繰り返されています。
仕事だけを無茶苦茶させられて、支払日にいなくなってしまう元請けに泣かされる業者や職人が後を絶ちません。

私は人の事をとやかく言うつもりはありません。

悔しいのは、本当の仲間であるヤスさんとその家族が私と同じ建築業者によって、地獄の底に叩き落されている時に、何も出来ない自分の無力さです。

職人ドリプラを行い、今年はリフォーム甲子園を行い、数年後には職人大学を創り、日本の建築業界や職人社会、そして世界中の子供達に、夢や希望や勇気やパワーを発信し続けたいと言いながら、目の前で建築屋にだまされた仲間がいるにも関わらず、何も出来ない自分の無力さとふがいなさに強い憤りを感じます。

今、私に出来る事は、ヤスさんは必ずお店を無事にオープンさせ、数年後には、こんな事もあったよ!!と笑い話に出来る伝説のジンギスカン店になる事を信じ、オープンした時にはお店に駆け付ける事だけです。

ヤスさんなら必ずやってくれます!!

北海道に行く機会がございましたら、伝説のジンギスカン店 『いただきます』 に是非おたちよりください!!

本年も本当にありがとうございました。

 2011年 あと何時間かで新年を迎えます。

早い物で匠塗装工業も4年目に入っております。

2008年7月7日に開業し、丸3年が経過しました。

いつの間にか3年が経過しましたが、今年の年末年始だけは、今までとは少し違った感覚です。

昨年の12月、ドリームプランプレゼンテーションの世界大会に出場し、職人社会に元気やパワーを発信し続け、2015年には職人大学を設立すると決意しました。

今年の1月から職人ドリプラを立ち上げ、12月26日、個人の団体だった私達の組織が社団法人 日本職人大学 連盟となりました。

そして、年明け2012年1月5日にはこの匠塗装工業が、株式会社 たくみ塗装と改組されます。
私の中では、仕事は仕事、ドリプラはドリプラと完全に分けて考えておりますが、年末年始の数日間で、両方の組織が法人化する記念すべき年になりました。

これもひとえに匠塗装でお世話になった全てのお客様、関係業者、そして多くの職人さんのお陰です。 そして、職人大学が法人化出来たのも、理念に共感してくれたスタッフや実行委員の仲間達、そして、活動に支援下さったサポーターの皆様や、支援下さった多くの皆様のお陰です。

新年の仕事始めは、1月5日から早速現場が始まり、翌日6日にも違う現場で足場がたちます。

5日から始まる現場も、6日から始まる現場のお客さまも、10年以上前に塗装工事をさせて頂いた過去のお客様です。

いつまでもお客様への感謝を忘れず、安心して注文頂けるお店を来年も目指して行きます。

本年は本当にお世話になりました。

皆さまが良いお年を迎えれる事、心から祈っております!!

本当にありがとうございました!!

嬉しい電話

 昨日、1軒の現場が終了しました。

神戸市西区の桜ケ丘の1軒屋です。

ハッキリとは覚えてないのですが、2・3年前、私は塗装のチラシを作り、桜ケ丘全域に、手配りでポスティングを行いました。
熱い夏の時期、汗だくになりながら、1軒1軒 手配りでポスティングした事だけはハッキリと記憶に残っています。

そのうち数軒の問い合わせがありましたが、1軒も契約には繋がりませんでした。

そして、今月の初めごろ、嬉しいお電話を頂いたのです。

『桜ケ丘の〇〇と言います・・・・覚えてますか?』

『実は、チラシがポストに入っていて、問い合わせをしたところ、森田さんが来られ、外壁と屋根の塗装の見積もりをして頂きました。』

『説明の中で、気に入らない事があり、私、森田さんに怒りをそのままぶつけて、最終的には追い出すような形で帰って頂いたんです。』

『でも、その事がこの数年間、ずっと心に引っ掛かっていました。』

『その後、3軒程の業者さんが、近所で工事を行っていると言う事で、見積もりを行ってもらったんですが、その方達の説明を聞いて、森田さんのおっしゃってた事が全て本当の事だったと、今更ながらですが、理解出来ました。』

『もし、お怒りじゃなかったら、工事して頂けないでしょうか?』

本当に嬉しいお電話でした。

嫌な事はすぐ忘れる性格なので、私は全く覚えていませんでした。
でも、私が2・3年ほど前に提出した見積もりは、間違い無く私が作成したものでした。

完工まで10日程でしたが、誠心誠意 工事を行いました。

これからずっと、お付き合いしていく、大切な大切なお客様です。
同じお客様は1人としていませんが、こんなパターンは、長い経営の中では初めてです。

御縁はどんな形で訪れるか、本当に分らないものだと感じました。

御家族 皆さまが、『本当に綺麗になった、やっぱり森田さんに頼んで良かった。』 というお言葉を聞き、肩の荷がすっとおりました。

本当にありがとうございました!!

ドリプラの理想形

 今月、25日から新梅田研修センターで、タヤマ学校の基本研修が行われました。

4日間の間のどこかで、タイミングの合う時に必ず顔を出そうと考えていましたが、25日、塾頭からの電話が朝からジャンジャン掛かって来ました。

『校長が早く来い!!とおっしゃってます。』・・・・・・・・『はい。 今、現場なので落ち着いたら行きます。』

『校長が、今すぐ来い!!とおっしゃってます。』
『校長が、もう来るな!! 顔も見たくないとおっしゃってます。』

何とか昼頃到着すると、私の性格を完全に熟知している校長の凄さに言葉を失いました・・・・・・・

研修は、メイン室と、試験室の2つがあり、通常メイン室には、全体を指揮するメイントレーナーと、その補佐を行う、サブメインが4・5名・・・・そしてペップと呼ばれるトレーナー研修生が10名〜15名。
試験室には、20〜40名ほどが布陣されます。

私がタヤマに通って初めての事ですが、なんとメイン室は、塾頭がメイントレーナーで、サブが私1人。 ペップはゼロ・・・・・・普段、20名近くのトレーナーがいるメイン室は、4日間塾頭と2人きりです。

自分でいうのはなんですが、責任感の結構強い私は、こんな布陣を引かれたら、4日間 フルで出ない訳には行きません・・・・・・でないと、塾頭が可愛そすぎます。

塾頭がしつこく電話してきたのは、校長から言われた事もあるでしょうが、自分が寂しかったんですね。

でも、本当に最高の4日間でした!!
通常、研修は完全泊まり込みの4日間ですが、今回は地方巡業と言う事もあり、通いの研修生も沢山いました・・・・だから、4日間 終電がある時間内に切り上げないといけません。
研修メニューを削ろうか? 項目を変えようか? と言う意見も出ましたが、私は何度も言いきりました。

『浪速のあきんどなめるなよ!!』 『それに、関西人は懐が広い!!』 絶対、通常通りでやりぬいてくれる!! 
私の、意見が採用され、全て通常通りの研修メニューで行われましたが、想像以上の考えられない早さと仕上がりと盛り上がりで4日間を無事、終えました。
関西人、恐るべしです!!

そして、研修明けの昨日、新大阪のココプラザで、”ウェルネスサプライドリプラ”が行われました。

おやじさんの会社です!!



ロマンとそろばん と言う事を、ナニメン兄貴がいつもおっしゃってる通り、夢だけでもいけないし、金儲けだけでもいけません。 その両立が理想形だと思います。
おやじさんの会社は、まさに、ドリプラの目指す最終形だと、私は思っています。



企業は、社員を企業の色に染めがちですが、おやじさんの会社は、沢山いる社員の様々な個性を伸ばし、社員1人1人の夢を会社ぐるみで応援しています。



コメンテーターという大役を受けましたが、全国各地から沢山の応援団が駆けつけて居た所を見て、おやじさんの人徳と、会社の今後益々の成長と、発展を痛烈に感じました。

本当に良い社員さんばかりですが、それを生み出すおやじさんは、本当に凄い!!
私が目指す会社は、まさに、ウェルネスサプライですね!!
タヤマに続き、本当に良い勉強をさせて頂きました。

おやじさん、ありがとうございます。 そして、各地からお越しのゲストの皆様、ご苦労さまでした。
そして、プレゼンされたプレゼンターの皆様、パートナーの皆様、当日会場運営されたスタッフの皆様、そして、現場で汗を流されたスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。

感動と、共感をありがとうございました!!


同志に告ぐ!!

 ブログで、何度も出ている 私の母校 横浜の 『タヤマ学校』 が何十年ぶりに今月、大阪で基本研修を行います。

期間は、10月25日〜4日間です。

まだ、場所は仮押さえの段階で正式には決まっていませんが、大阪である事は間違いありません。
滅多にないチャンスですので、まだ基本研修に出られていない関西方面の方には、朗報です。

また、今月から研修費が改訂し、半額以下になったそうです。

大阪なら関東に比べ、交通費も変わって来ますね。

また、関西には多くのタヤマの修了生がいます。
 
古い修了生も沢山いますし、新しい修了生もここ最近、沢山出て来ていますが、その交流があまりない事もあり、この大阪での研修を機に、1度 関西の修了生が一挙に集まり、関西を盛り上げよう!! と言う主旨で、今月の14日 夜の19時から大阪 北新地 のべっぴん屋と言う所で、盛大に親睦を深める飲み会を開きます。

目標は100名です。

現在、連絡が取れない方もいるようで、ブログに書いて欲しいと依頼がありましたので、私用に使わせて頂きました。

タヤマ以外の方には、ちっとも面白くない無いようですが、お許し下さい。

そして、タヤマ修了生である、あなたは、14日 必ず出席しなさい!!
久しぶりに顔を出して、皆を驚かせて下さい!!

心よりお待ちしております!!

おやじキャンプ!!

 10月1日から、1泊2日で ”おやじキャンプ” に参加しました!!

http://www.e-oyaji.jp/

昨年の世界ドリプラの同期生・・・おやじこと、薄井社長が主催する 真おやじ塾 の第2回キャンプです!!

昨年、まだまだ小さな構想でしかなかった段階から、一緒にプレゼン創りを行って来た仲間です。
前回、第1回の時は、横浜出張でどうしても行く事が出来ず、今回 おおはしゃぎで、キャンプに参加しました。

まず、驚いたのはキャンプ場の人の多さです!!

三田市野外活動センターと言う所での1泊2日でしたが、お客さんは私達の他にも沢山いて、本当に驚きました!!



ローピング講習や夕食作り、燻製作りや、キャンプファイヤー等、おやじが本格的にアウトドアの遊び方を教えてくれました。

中でも、特に私達おやじが燃えたのは、竹トンボ造りと、板を焼いて作るカービングでした。
時間を忘れ、本当に没頭しました・・・・・



負けず嫌いな おやじ達が、誰よりも良く飛ぶ竹トンボを作ろう!!と、負けず嫌いに火が付き、何をする時にも、小刀と、竹を持って2号機、3号機の制作に打ち込みました。

おやじ達が真剣に竹トンボを飛ばしているのを見て、子供達が本当に羨ましそうに見ていて、おやじさんは、多くの子供達に竹トンボをプレゼントしていました。

竹をノコギリで切って、自分のコップを作る時には、近くにいた、20代であろう女の子達が 『欲しい!! 欲しい!!』 と言うので、私は9個もコップを作っちゃいました。

女の子だけで来ているのにも驚きました。

今の女の子は、とてもワイルドですね!! 
私が生まれ育ったのは、古い百姓旧家で、広大な庭と、畑がありました。
父親は、毎週日曜は6時頃には起きて、家の手入れや畑仕事をしていました。

古い家だったので、常に手入れしないとすぐにガタが来ます。
風呂もマキで焚くお風呂・・・・いつも巻き割りをしてました。

私も子供の頃から、何かと手伝わされ、その度に、父親と自分の力の差を、肌で感じ続けていました。 悔しいですが、このオッサンには逆立ちしたって勝てないなぁ・・・・・と、痛感していました。

それが、私が感じていた親父の威厳でもあったと思います。

しかし、現代は便利になる一方で、おやじが力を子どもに見せる場が本当に少なくなって来ているように思います。 

特に父親と男の子は、男同志・・・・・親子でありながら、どこかでライバル的な感情があり、男と男は、やはりどこかで、力と力の語り合いがあるんだと思います。
それは仕事や、勉強では無く、原始的でアナログな同じ事をした時に感じる力の差が、威厳に繋がると思います。

母親は、炊事、洗濯、掃除など、決して子供には出来ない凄さを毎日 子供に見せているし、比較的子供と接する時間が多い分、コミュニケーションもとれます。
しかし、世のおやじはどうでしょうか?

今は本当に熟年離婚する夫婦が増えています。
家族の為に仕事をしているお父さんが、突然離婚を突きつけられて、抜けがらの様になる人が増えています。

そんなおやじを1人でも減らしたい!! というのが、おやじ塾 塾長の想いです。

本当に童心に帰る事が出来、おやじ仲間と楽しい2日間を過す事が出来ました。
今回は、まだ初級編です。 今後も、中級編・上級編と進み、先輩おやじからおやじ道をご伝授頂きたいと思います!!

是非 みなさまも、入塾して、おやじ仲間になりましょう!!







第1回 職人ドリプラ

 御報告がかなり、遅くなりましたが、9月18日、予定通り、第1回 職人ドリームプラン・プレゼンテーションを行いました。

北海道や、関東、東北方面からも、本当に多数の方が観覧に来て下さいました。



また、本番の手伝いにボランティアで駆け付けてくれた仲間も30名以上いました。
スタートから最後まで、何のトラブルもなく進行しましたが、それは、裏方で支えてくれた沢山の方々のお陰です。

『 本番だけは俺は動かんよ!! 』 と、冗談で言ってましたが、本当に言葉通り、細かな所まで、何もかもシッカリと手配がされており、私は1日、会を見守る事に集中出来ました。
素晴らしいスタッフや仲間に囲まれている事を、再び実感する事が出来ました。



6名のプレゼンターのうち、5名は本番前日に最終のDVDを預かり、1名に関しては本番が始まる30分ほど前にやっと、DVDを受け取った感じです。

なので、信じてはいましたが、本番では、その期待を良い意味で全員が裏切ってくれました。

6人の本番の強さは尋常じゃありませんでした。

昨年、自分がドリプラに出て、人間って凄いなぁ・・・と実感しましたが、それを改めて再確認しました。
6人のプレゼンを見て、涙が止まりませんでした。
この数か月、何度も見て来たプレゼンターでしたが、この日 見た彼らのプレゼンは輝いていました。
本当に凄かった!!

 

スタッフも、プレゼンターも、第1回のメンバーがこのメンバーで、本当に良かったと感激です。



ドリプラは、費用も、時間も労力もかかります。
そして、その集大成である本番は、たった数時間でアッと言う間に終わってしまいます。
しかし、本当の本題は、この本番が終わりでは無く、スタートだと言う事です。

彼らが、大観衆の前で誓った事業が、本当に今からスタートするのです。
ドリプラの本番は、その通過点の1つにしか過ぎません。
今後、彼らが自分の事業を通じて、職人社会に夢や希望を与え、子供達に、笑顔や元気を与えてくれる事を信じていると同時に、私は一生彼らの応援団です。



9月18日、ご来場頂きました皆様、本当にありがとうございました。
心から感謝申し上げます!!

そして、今月末、第2回 職人ドリプラのキックオフを早速行います!!
次回は、プレゼンターになりたい!! スタッフになりたい!! 運営に携わりたい!! という皆さま、9月30日、お集り下さい!!

第2回は、更にパワーアップします!! 
御期待あれ!!







calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode